流浪なほろ酔い模型譚

何かのご縁で見て下さっている方々に感謝♪活人剣ならぬ活モデリング!新旧プラモの制作記録的に書いていきます。日の目を見ていない作品達も観て頂けたら嬉しいです♪

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

袖付なんか怖くない後編

(デカイ写真はクリックして下さい)

そんなわけで後編です。
こんな方法もあるよ~的な感じでやっておりますので、
苦戦している方の参考になればと思います。

まず、スミ入れ、デカール貼りが終わった状態です。
しか~し!ここで大苦戦をする羽目になるとは...

いつもは、自分でここはこれ、ここはこれって貼っていきますが、
今回はせっかくカトキ氏がMG化でマーキング入りのイラストを起こしてくれていますので、
やはりデザイナーさんの意向にそっていこうと思います。
水転写を買ってあったのでそれを使いますが、番号が150番近く...
一体につき、これほど貼った事なんて初めてですなぁ~
でもまぁなんとか終わったわけですが。
この後、デカール保護も兼ねて、全体のツヤを調整します。

MGシナンジュ完成 001

毎回使うのは、スーパークリアーつや消し。
しかし、このところ晴れ間が無い...
このつや消し、天気が雨だったり湿気の多い日に吹くと「カブリ」現象が起きやすいです。
表面が真っ白になります。突然の事で頭ん中も真っ白になります(笑)
でも大丈夫。そんな時は、

MGシナンジュ完成 014

このスーパークリアー光沢をかければ、大体戻ってくれます。
まぁ、晴れの日に吹けば問題ないんですけどね。
あとはブラシがあればそっちで吹いちゃえばい言って話なんですけど、
ブラシが無い環境の方もいるわけだし。

MGシナンジュ完成 015


つや消しを吹いた状態です。
先のまだ吹いていない状態と比べてどうでしょう?
艶ありのピカピカがいい、半ツヤがいい、つや消しがいい。
この辺は好みですので。

MGシナンジュ完成 021

今回、弄りなしでやってきたわけですが、
どうしても顔が気になったので、ここだけちょこっとやってみました。
キットのままだと、ヒサシが長すぎてカメラが見えないんです。
(あれじゃ見えんだろフルフロンタル。まさかっそれも大人の特権か!)
なので、削り込んで調整してみました。

MGシナンジュ完成 017

(盾なし)
MGシナンジュ完成 033

フル装備

MGシナンジュ完成 025

バック1

MGシナンジュ完成 026

バック2

MGシナンジュ完成 027


えぇ~、最後になりましたが、ここまでご覧頂いて気付いた方もいるでしょうが、
このMGシナンジュ、金、黒、バーニア、スミ入れ以外は色塗ってません(笑)
誰でも出来るようにというのと、MGの出来栄えを確信して
この仕上げでも十分だろうという思いで今回は作りました。
これやってて初めて気づきましたが、
初期のイラストとヘルメットのデザインが変更になっているようなので、
その辺はHGUCでやってみようかと。

変に弄くりまわして収集つかなくなったりストレスになるより、
時にはこんな感じで完成させるのも非常に楽しいです。
これを見ていただいた方々の何かいい参考になってくれればと思います。

MGシナンジュ完成 029

スポンサーサイト

Comments

 
お疲れ様でした!ありがとうございます!

てゆか、このキットほんま大変でしたよね?!マジPGですよコレ…
二度と作りたくないっすわ

んで、わかりますヒサシ。
全体的に頭小さすぎてバランス悪いんすよね。

でもよく動きますのはさすがって感じです!

しかしデカール・・・・・・めっちゃしんどそうですね・・・・・・
Re: タイトルなし 
コメントまでありがとございます(^ー^* )
ホントに大変...確かにMGだと2度とやらないですねぇ(笑)

でもさすがに出来栄えは凄いです!
完成させるとそれ相応の物になってくれるのは間違いないです!

デカールは相当気合い入れていかないと、
最後まで持たないっす...
デカールシートが全然減っていかないんですもん(笑)
でも諦めなければ絶対出来上がるので、是非この喜びを感じて欲しいです♪

Body

« »

08 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

海賊サイヤ人/saiyan悟空

Author:海賊サイヤ人/saiyan悟空
5歳のころ、家に飾ってあった飛行機のプラモに興味を持ち、
近所の駄菓子屋で売ってた100円シリーズから模型の世界へ。
途中、やらなかった時期もあり、MGシリーズ発表で完全に舞い戻り、現在に至ります。

最新トラックバック
ユーザータグ

フリーエリア
フリーエリア
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。