流浪なほろ酔い模型譚

何かのご縁で見て下さっている方々に感謝♪活人剣ならぬ活モデリング!新旧プラモの制作記録的に書いていきます。日の目を見ていない作品達も観て頂けたら嬉しいです♪

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

HG1/72 レプラカーン

HG1/72レプラカーン

触ったり放置したりではや何年...やっと完成!
おれ的オーラバトラーの考えとしては、
生物から作られてはいますが、外見はその「甲羅」で構成されている。
各部の表現としては、甲羅の重なり合いです。
それと人間の筋肉の付き方等も取り入れています。
特にスネなどはその部分が強く出てます。

このレプラカーンのキットは悪くはないですが、個人的に随分違っているので、
イメージに近づけるべく手を入れています。
俺的レプラカーンのイメージはダントツでジェリルです!
なので、ジェリルのキレ具合、尖った感じ、激しさを狙っています。
各部シャープに。股間軸はロール可動追加。
関節にはエポパテを盛つつ可動を確保。
コンバーター内部のフィンは、0.2mmプラ版を手で曲げてクセをつけて接着してます。

ハイパージェリルのイメージから、色はちょっと赤よりなオレンジにしています。
実は、文字では非常に表現しづらい部分が多々あるので、
全体的には写真から判断していただくしかないです^^;

saiyan59-1.jpg

DSC00700.jpg

DSC00698.jpg

DSC00702.jpg

DSC00695.jpg

DSC00686.jpg

DSC00690.jpg

素組みと比較。

DSC00581.jpg

途中。

DSC02340.jpg

マーベル:「ジェリルよ!」
ショウ:「赤い髪の女か!」...「マーベル!挟み撃ちだ!」
ジェリル:「なめるなぁ~!!」

DSC00693.jpg

続きは「聖戦士ダンバイン:第37話ハイパージェリル」の回をご覧下さい。
スポンサーサイト

Comments

 
通りすがりのものですが、コメント失礼します。
かっこいいレプラカーンですね~、当時テレビを見て自分の中で美化されていたレプラカーンのイメージです!!
元のキットもそんなに悪くないと思っていましたが比べると一目瞭然ですね
メリハリが強調されて凶悪な感じが出ていると思います。
塗装もグラデーション?汚し?がまた良いと思います!

いきなりの書き込み失礼いたしました。
Re: タイトルなし 
アラバキさん:コメントありがとうございます!
レプラカーンって、実はパワーとスピードを兼ね備えたABなはずなので、
太さもあり、シャープにすることで、早さもイメージしてもらえたらいいなぁと^^
塗装は、グラデーションの後に少しだけ汚してあります。

Body

« »

08 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

海賊サイヤ人/saiyan悟空

Author:海賊サイヤ人/saiyan悟空
5歳のころ、家に飾ってあった飛行機のプラモに興味を持ち、
近所の駄菓子屋で売ってた100円シリーズから模型の世界へ。
途中、やらなかった時期もあり、MGシリーズ発表で完全に舞い戻り、現在に至ります。

最新トラックバック
ユーザータグ

フリーエリア
フリーエリア
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。