流浪なほろ酔い模型譚

何かのご縁で見て下さっている方々に感謝♪活人剣ならぬ活モデリング!新旧プラモの制作記録的に書いていきます。日の目を見ていない作品達も観て頂けたら嬉しいです♪

 

1/60 ゲルググ

1/60 ゲルググ
たまたまこのブログに辿り着いちゃたり、検索ワードで出てきてきてみちゃたりした方、
どうぞ最後までご覧になっていって下さい^^

えぇ~祭りの後ですが、
2013静岡ホビーショウに濱オフ卓にて展示させて頂ましたゲルググでございます。
僕は4作品出させていただきました。
1/35AT2体。1/48コーチマspl。そしてゲルググ。
このキット、当時巡り会えた事無くて、この年になって初対面&組み。
デカさとボリュームは凄いです!勢いを感じますね。
これはこれで良いか。って思ってしまったり(笑)
でも気になるところは沢山あるので、やっぱり手を入れてしまう^^;

DSC02659.jpg

中身はこんな。少なくて良い^^

DSC01934.jpg

驚異の肘関節!!薄!

DSC01935.jpg

素組み状態。

DSC01937.jpg

工作終了状態でございます

DSC02485.jpg

上半身に大して、下半身のボリュームが足りないなぁと。
とその前に、全体のプランを決めます。さすがに古いキットなので、
まずある程度、考えてからでないと、後々面倒な事になりかねませんので。
でもまぁ関節や各部接続の事くらいなんですが。

そんな関節には、メガサイズのAGEを使ってます。
なんでAGEかってゆうと、お安く売っていたので買ってしまったわけで^^;
各部切り刻んで加工し、肩、肘、腰、股間、膝、足首等、関節及び接続に使ってます。

そして下半身の作業に思いっきり時間取られました。
エポパテを盛っては削り、盛っては削り~
ここで2、3箱使ったかと^^;
文章では説明しにくい箇所があるので、途中写真をみてやってください。
頭は側面をボリュームアップしただけです。
最後に手首。プラパイプを繋げてとか考えたんですが、イメージと合わなかったので、
エポパテから削り出しました。微妙に変ですが、全体で見てください^^;
全体として、メリハリを出してあげるのが一番のポイントかも。
最後に盾を一回りほど大きくして、工作は終わり。

いままで、ベースグレー今回、黒サフを使ってみました。
を吹いていた手間が一気になくなり、思いっきり時間短縮♪

このキットの良さを消したくなかったので、
全体的に今風なディテールは入れませんでした。スジ彫り追加しても、このキットのラインには合うとも思えなかったし。

DSC02639.jpg

DSC02641.jpg

DSC02646.jpg

DSC02644.jpg

DSC02657.jpg


DSC02648.jpg

DSC02655.jpg

DSC02652.jpg

当日、見に来て頂いた方々に感謝!!!
あれあったなぁ~とゆう作品の1つで記憶に残ってもらえてたら嬉しいです。

おれ的一番の思い出は、前日の夜中の作業なんですけどね^^
あんなの久々で楽しかった~
思いっきり身内話で〆てすいません^^;
スポンサーサイト

Comments


Body

« »

07 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

海賊サイヤ人/saiyan悟空

Author:海賊サイヤ人/saiyan悟空
5歳のころ、家に飾ってあった飛行機のプラモに興味を持ち、
近所の駄菓子屋で売ってた100円シリーズから模型の世界へ。
途中、やらなかった時期もあり、MGシリーズ発表で完全に舞い戻り、現在に至ります。

最新トラックバック
ユーザータグ

フリーエリア
フリーエリア
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR