流浪なほろ酔い模型譚

何かのご縁で見て下さっている方々に感謝♪活人剣ならぬ活モデリング!新旧プラモの制作記録的に書いていきます。日の目を見ていない作品達も観て頂けたら嬉しいです♪

 

袖付きなんて怖くない。前編

MGシナンジュです。
発売当時に買って組んだきりになっておりましたが、
UC2巻が迫って来て、やっぱりウズウズしてきますねぇ~。
所がもう世間ではHGUCシナンジュなわけですよ。
HGUCが出てしまうと、おそらくMGは仕舞い込んだままになってしまう。
でもそうなってしまうには、あまりにも惜しい良いキットです。
なんとかならんかと思っていたら、HGUCシナンジュ用のデカールは
12月発売とか。これは是非欲しい!
となるとHGUCの方を完成まで持って行くのは12月だ。
ってなわけで、MG開始♪

非常に出来が良いし、気に入ってるデザインなので
基本そのままでいきます。
とりあえず表面処理。個人的に磨きはジオン系は比較的楽だ♪

MGシナンジュ1 002


とまぁ、いきなり塗装に飛んじゃいます♪
このUCのジオン系にはエングレービングなる模様があります。
ツイッターなので話を聞いていると、やはりこれがネックのようです。
が、実はそんなに難しくないです。
クシャトリヤの回にも触れましたが、この手法なら楽なんです。
まず金塗っちゃいましょう。
ガイアのスターブライトゴールド。良い色です。

mg 003


そしてここからです。
エナメルの黒を吹きます。
エナメル溶剤でブラシで吹けるまで薄めるので、
結構色載りは悪いです。何回もパーツを回して少しづつ塗っていきます。
ご覧のようにまっ黒。
そしてこいつを...

mg 004


拭き取っちゃえば、完璧!
あっ、一部塗装ミスありです。当然直しましたので大丈夫。

mg2 001


そして今回、非常に大活躍したのが「フィニッシュマスター」
大まかな面は麺棒で吹きっとって、
ギリギリのところはフィニッシュマスターで。
エッジを効かせて拭き取れるので大助かり♪

フィニッシュマスター 001


辛抱たまらず、パーツを合わせて組んで見た!

mg2 002


盾はこんな感じです。

mg2 005

後編へ続く...
スポンサーサイト

 

« »

10 2010
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
プロフィール

海賊サイヤ人/saiyan悟空

Author:海賊サイヤ人/saiyan悟空
5歳のころ、家に飾ってあった飛行機のプラモに興味を持ち、
近所の駄菓子屋で売ってた100円シリーズから模型の世界へ。
途中、やらなかった時期もあり、MGシリーズ発表で完全に舞い戻り、現在に至ります。

最新トラックバック
ユーザータグ

フリーエリア
フリーエリア
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR